上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-04-17 [ Mon ]
 修学旅行の四日目は自由行動でした。そんなわけで我々の班のマイナーなルート(と一人が家族に言われたらしい)を記しておきます。
<登場人物>※登場人物各氏を愚弄する意図はいっさいありません!ありのままを書いたつもり!(それもどうなの)
 名誉班長の羊さん
 弟者
 ぱんちゃん
 私

 八時ちょっと過ぎ、宿を出てバス停に向かいます。地図も持たずになぜかまったくためらわず歩いていく羊とぱんちゃんと私。前の人が曲がるとつられて曲がる。危険です。地図を持っている&京都に来たことがある弟者がいなかったらどうなっていたかわかりません。
 どうにかバス停について見覚えのある顔多数とともにバスを待つ。バスに乗ったら兄者の班の人々も乗り込んできましたがすぐに降りてゆきました。私たちは銀閣まで行くのでそのまま銀閣道へ。
 バス停から銀閣まで歩いていく道すがら、銀閣方面と哲学の道との二股のところ(たぶん)で京都初の人力車を発見。ときめく人々。(ていうか私)あの格好をしているだけで格好良く見えるからふしぎです。乗りたかったなー。
 さて、銀閣についた私たち。外国人の観光客の方にまぎれつつ内部へ。銀閣へ行ったよと妹に報告したら銀閣って銀なの?と聞かれましたがそんなことはありません。観音殿について、雨が降ったら障子が破れるとか障子は下々の者が張り替えるんだとか義政滞在中に雨が降ったらどうしようとか、どうでもいいことを話しつつ銀沙灘と向月台に感動する。窓のかたちがかわいいですよ。
 本堂は見られなかったのですが庭がすごくきれいでした。ていうか私たち銀閣で仏さま見てないや。お庭しか見てないや。
 そして順路に沿って進んでいった私たちは、ランク付けされた苔に出くわしたのです。銀閣にとって大事な苔とか。ちょっと邪魔な苔とか。とても邪魔な苔とか。おおまじめに立て札(植物の横についてるちっちゃいやつ)に「とても邪魔な苔 ゼニゴケ」とか書かないでほしいよ銀閣。あれはしばらく語り草でした。

 さて、銀閣をあとにした私たち。キティを買いつつ抹茶ソフトをぱんちゃんとわけあいました。弟者と羊さんはおみくじあめを買って食べていました。
 今度はさくらさくらな哲学の道を歩いてゆきます。途中でこものやさんにふらりと立ち寄り羊さんが風車を購入。なんてお祭りっ子っぽいんでしょうかこの子は。私たちが入ったのは二号店だったようです。あそこで思う存分お買い物ができたら幸せだと思う。かぼちゃの馬車もありました。
 哲学の道を進んでいき、第二の目的地法然院へ辿り着きました。ここは本堂(?)は四月はじめの一週間しかひらいていないということで、薬師如来を拝んだあと散策。すごく静かなお寺でした。修学旅行生なんてひとりもいないの。マイナーチョイスだ……! ところで羊さんはまだあめを持っています。
 第三の目的地安楽寺は残念ながら公開日ではなかったので、通りに出てバスで祇園へ向かいました。……安楽寺見たかったな……(しゅん)由緒がすごくすてきなのです。すごく。

 八坂神社へ足を踏み入れ本殿に向かった私たち。本殿で祈祷をしてもらいました。祝詞みたいなものが書いてある紙にお願い事を書いて、御祭神の裏手からお供えするのです。拝むときは裏手がいちばん神さまに近いらしい。八坂神社は朝鮮の方が建てた神社であるために御祭神の由緒がほかの八坂神社とは違うのだと神社の方にお聞きしました。……やっぱりちゃんと説明がきける環境にあると理解度が違います。
 で、そのまま悪王子社や忠盛灯籠を眺めつつ美御前社にお参り。心身が美しくなるそうです。なるといいね。そのままお花見の場所取りと思しき人々に埋め尽くされた(休日前ですからね)円山公園を通りつつ、時間があったので知恩院へ行ってきました。
 知恩院の上のほうまで上がっていくと、千姫のお墓や実さんの桜に出会いました。無事に大学に入れたら、八坂神社のほかに実さんの桜にもお礼参りをしなくては。
 お庭も拝観したかったのですがそろそろお昼のお店の時間だったので降りていきました。ほんと弟者がいなかったらどうなってたことやらうちの班。

 お昼を食べながらまったりしたあと、私たちは最後の目的地清水寺へ歩き出しました。その途中、時間があったので高台寺のあたりをふらふらお散歩。ねねの道を歩いてきました。弟者は北野天満宮(だっけ?)にお賽銭を投げようとして二回外していました。ご縁が逃げたー。
 高台寺の近くで、あたりにたむろする人力車のお兄さんに清水寺までの道を教えてもらい、坂を登ってゆきます。おみくじで凶をひき生死があやうい私とぱんちゃんが恐々としているのをよそに、羊さんが十字路で人の流れに遮られて立ち往生している車と接触していました。危ない。
 清水寺ではまず、随求堂の胎内めぐりに挑戦しました。びっくりしたよ。ほんとに暗いの。あんなに暗いところに入ったのは初めてだ。そして清水の舞台へ。失ったご縁を取り戻すためにふれ愛観音(?)をさわる弟者。友人の絵馬も見つけました。わあ。
 人がたくさん並んでいる音羽の滝を素通りし、歩いていくとありました。私が清水寺を主張した最大の目的。
 アテルイとモレの碑。
 写真もちゃーんととってきました。満足。
 というわけでバスで四条のあたりまで帰り、そこから歩いておやつを食べられるところを探しつつ宿へ向かいました。栗のおやつが美味しかった。ぱんちゃんは栗を剥く達人です。

 旅行は毎日お寺尽くしで楽しかったのですが(お寺があんなにおもしろいものだったなんて知らなかった)、やっぱり自由行動は格別です。ああ楽しかった。


(ああ、長かった……)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intrutina.blog25.fc2.com/tb.php/82-b8c6d866

 | HOME | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。