上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-03-11 [ Sat ]
 Kバレエカンパニーの「眠れる森の美女」、10日の公演を観てきました。

……東京国際フォーラム、広い。(ちなみにホールCでした)
 では10日の主なキャストいきます。

 オーロラ姫:ヴィヴィアナ・デュランテ
 フロリムント王子:熊川哲也
 カラボス:サー・アンソニー・ダウエル
 リラの精:松岡梨絵

 本当はオーロラ姫は康村さんの予定だったのですがお怪我をなさったそうです。大丈夫でしょうか。コッペリアも無理だよねー……。

 今回はですねー。やっぱり衣装とかもすごく素敵だったし(特に第一幕の妖精たち! あんなふうにスカートがひるがえるワンピースが着たい!)熊川氏も相変わらず格好良いしサー・ダウエルのカラボスも迫力満点だったのですが……私的に、ほんとうに個人的にですけど、第二幕のボリュームがもっとほしかったなーと思います。
 多分私、くるみとか白鳥のクライマックス(っていうか戦闘シーン?)と比べてるんだな。くるみ割り人形の戦闘シーンがすごく気に入ったので、あれと同じようなものを求めているのだと思います。ボリュームっていうのはつまり、フロリムントがオーロラの幻を見てから彼女を助け出すまでの間隔が短くて、あっけなく感じた、って意味で。
 もしかしたらそもそも、私は「眠れる森の美女」のストーリー自体が気に入らないのかもしれない。「これふつうに考えたらこうなってこうなるよねー」というストーリーを休憩のときとかにつらつら考えていました。そしたらオーロラがかわいそうなことになった。バッドエンドだよこれ。
 でもやっぱり熊川さんはかっこよかったし、デュランテさんもさすがだなーと思わされたし、いい舞台ではあったんだよなあ。

 って、なんだかすごく含みのある言い方してますね私。足を運んだ価値はあると思ってます。おもしろかった。Kバレエは私の中で、テイルズシリーズとガーネットクロウに続く、「すべての作品が安心して見られるもの」となりつつあるようです。コッペリアも楽しみだー。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://intrutina.blog25.fc2.com/tb.php/64-3347b2d7

 | HOME | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。